実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師講座がある学校カタログ » IAY(インターナショナルアカデミー)

IAY(インターナショナルアカデミー)

海外に姉妹校を持つ、札幌の日本語教師学校「IAY(インターナショナルアカデミー)」を調査。コースの特徴や、通っていた生徒からの口コミもピックアップしています。

札幌の日本語教師学校IAYの特徴

IAYは、開校から45年もの歴史を誇る、外国語教育の草分け的存在。シンガポールに姉妹校があり、国際交流にも積極的な学校です。

札幌IAY(インターナショナルアカデミー)の日本語教師養成講座のポイント

札幌の日本語教師学校IAY(インターナショナルアカデミー)のHP(1)留学生と交流ができる学習環境

IAYは、語学スクールや外国人向けの日本語教育機関としても知られています。多くの留学生が日本語を学びに来ているので、海外の学生と交流を持てる機会も多いでしょう。教師が実際に日本語を教えている姿を見学できるのも魅力です。さらに、留学生を相手にした模擬授業を体験することもできます。日本語教師を目指している方にとっては、とても良い学習環境といえますね。学生寮や学校が管理するゲストハウスには、留学生も入居しているので、より交流を深めたい方は、そちらに入居してみるのも良いかもしれません。

(2)海外提携校で実習ができる

IAYはシンガポールにある「日本文化協会付属日本語学校」と提携していて、受講生や卒業生は現地で教育実習を体験することができます。また、札幌市の姉妹都市である中国・瀋陽市の対外友好協会とも提携し、教師を派遣するなど、中国との交流も盛んです。提携校が多いということは、外国人を前に授業をできるチャンスも多いということ。学生のうちはなかなか経験できないことなので、ぜひ活用したいですね。

あの日本語教師はどの学校出身?人気校ランキング

IAYの就職サポート

IAYの日本語教師養成講座は、世界のいろいろな国に就職実績があるのも魅力のひとつです。

現地の大学や高校、日本語学校をはじめ、青年海外協力隊などの公的派遣プログラムに従事している卒業生も多くいます。また、IAY姉妹校のシンガポール日本文化協会付属日本語学校に就職することも可能です。

国内では、日本語学校やIAYで講師をしたり、個人レッスンをする卒業生も。希望すれば非常勤講師としてIAYに登録しておくこともできるそうなので、幅広く活躍することができそうです。

IAYのコース概要

IAYの日本語教師養成講座は、座学と実習指導がバランスよく組まれていて、日本語教育能力試験にも対応したカリキュラムです。講師は各分野の専門家や、外国人留学生の指導を行っている日本語教師ばかり。修了生からも授業が分かりやすかった、と評判です。

入学時期は、4月、7月、10月、12月の年4回で、選択するコースによって時期が変わります。本科昼コースの場合は4月、10月の年2回。そして専修科コースの場合は、年に4回入学のタイミングがあります。

講座名 【本科昼間6ヶ月コース】
基準の420時間、26単位を最短で学ぶことができるコース。入学時期は4月、10月。
受講料金 入学金含め510,000円
受講期間 6ヶ月間
コース内容 異文化コミュニケーション、言語と心理、日本語教授法、評価法、実習・演習、教材教具論、教材作成、日本語の文法、日本語の音声、対照言語学、言語学、日本語教育事情
講座名 【専修科コース】
随時入学可能なコース。1年間かけて余裕を持ったカリキュラムが組める上に、420時間26単位はしっかり取得できます。
受講料金 入学金含め510,000円
受講期間 1年間
コース内容 異文化コミュニケーション、言語と心理、日本語教授法、評価法、実習・演習、教材教具論、教材作成、日本語の文法、日本語の音声、対照言語学、言語学、日本語教育事情
講座名 【マイプランコース】
1科目から受講できる選択性。スケジュールに合わせてカリキュラムを自由に組むことができますが、料金は割高です。
受講料金 506,100+入学金20,000円+施設費10,000円
受講期間 420時間
コース内容 異文化コミュニケーション、言語と心理、日本語教授法、評価法、実習・演習、教材教具論、教材作成、日本語の文法、日本語の音声、対照言語学、言語学、日本語教育事情

日本語教師学校IAYの卒業生からの評判

ロシアで日本語を教えています。日本語の勉強を始めて、自分の言語を色々な視点から勉強できたことはとてもいい経験になりました。学校で教わった音声学や教授法、教材を作ったことも、すべて役に立っています。日本語は難しいので学生はいつも苦労しながら勉強していますが、覚えてくれたときはとてもやりがいを感じますね。1つ感じたことは、日本語教師としてやっていく上で、なにか得意なことを持っていたほうがいいということ。日本語教師といっても、どこで何が役に立つかは分かりません。将来、生徒達が日本とロシアの架け橋になってくれたら、とても嬉しいです。(30代:男性)

私は学習塾で指導していたのですが、ある時、インターナショナルスクールに通う韓国人のお子さんが算数を教えてほしいと入塾しました。日本語がまだ上手に話せない子で、日本語を教えながら算数を教えなければいけなかったのですが、指導を進めるうちに、日本語を教えることの難しさに直面しました。日本語教師の勉強をしようと思ったのは、これがきっかけです。現在は、上海の民間学校で20歳前後の子に日本語を教えています。経験を積むうちに、最初は大変だと思っていたことも次第に解決されてきています。養成講座で使った教科書やノートは、未だに私を励ましてくれます。(40代:男性)

日本語教師養成講座を受講しようと思ったのは、海外留学を経験して、もう一度海外で過ごしたい、という思いがあったからです。海外でできる仕事を探していて、日本語教師の存在を知り、とてもやりがいのある仕事だなと思いました。講座自体は覚えることが多くて大変ではありましたが、とてもためになりました。現在は中国で日本語教師として働いているのですが、あの時勉強したことは全て役に立っています。とくに授業全般に生かせるのは「実習」の授業。そして生徒が発音に困ったときなどは、「音声」の授業を思い出して指導しています。生徒の日本語が上達したり、日本に興味を持ってくれたりすると、とてもやりがいを感じますよ。(30代:女性)

学校概要

会社名 IAY(インタナショナルアカデミー)
本社所在地 北海道札幌市中央区南1条西4丁目日之出ビル6階
受講可能な
校舎
札幌校
 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop