実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師講座がある学校カタログ » インターカルト日本語学校

インターカルト日本語学校

日本語教師を養成するインターカルト日本語学校について、受講者からの評判やコース内容・料金・就職などの情報を集めました。

日本語教師を育成するインターカルト日本語学校の特徴

インターカルト日本語学校は、東京の秋葉原に校舎を持つ1977年設立の日本語学校
様々なニーズに対応できる日本語コースと、世界で活躍できる日本語教師を育成する日本語教師養成講座があります。

インターカルト日本語学校の日本語教師養成講座のポイント

インターカルト日本語学校の画像(1)授業実習40回!実践力で就職に直結

日本語を教える現場で採用されるのは、即戦力のある教師。
実践力を養成講座でつけるには、受講中に場数を踏むこと一番です。
インターカルトの養成講座は、受講生1人について合計40回に及ぶ演習・実習を行い、様々な日本語レベル・対象者・教え方が体験できる他に例を見ない実践型の養成講座です。

(2)国際的な学習環境

同じ校舎内に併設の日本語学校で学ぶ世界30カ国の学生達と日常的に交流が可能です
実習授業の相手となる学生も、インターカルトの学生です。

インターカルトの充実の就職サポート

インターカルトでは、在校生・修了生ががよい日本語教育機関(国内、海外の日本語学校、青年海外協力隊など)を見つけられるよう在籍中から修了後まで様々な形でケアをしています。

インターカルト日本語学校コース概要

講座名 【日本語教師養成講座 420時間コース】
420時間の構成は「理論講座」と「実践講座(演習と実習)」が1:1です。
「理論」から「実践」へ、一つ一つに集中することで、短期間で効率的に効果を上げます。
まず土台となる基礎をしっかり固め、その上に発展的に層を積み重ねていく方式です。
受講料金 546,000円(入学金:52,500円、授業料:493,500円、教材費:30,000円)
受講期間 420時間
コース内容 (1)理論講座(基礎理論から新しい分野まで)
日本語を教えるために必要な基礎的な理論から、多様化する時代に即した新しい分野までを取り入れています。 文化庁「日本語教員において必要とされる教育内容」 「日本語教育能力検定試験」の新出題範囲に準拠しています。
1.日本語を教えるために絶対必要な基礎知識…文法、音声、文字、表記、語彙
2.語学講師としての知見…異文化間教育・理解、社会言語学、言語習得、教授法 など
3.日本語教師としての意識・認識…日本語教育事情、いろいろな日本語教育 など

(2)実践講座(7つの特徴)
受講生全員に、修了後すぐに教壇に立てる力をつけるための講座です。そのため、繰り返し何度も実習体験をすること、多様な授業を経験することの2点をプログラムの中核におきました。
1.演習・実習は1人40回
2.実際の授業に近い形で外国人対象の実習を実施
3.ティーチング・アシスタントとして、日本語学校の授業に参加
4.初~上級、少人数~大人数など様々な状況・タイプ等に合わせた多彩な演習内容
5.初級レベルの指導がすべてできるようになる重要基本30項目の習得
6.繰り返し行われる実習で授業テクニックを習得
7.教材を作成する力を習得
講座名 【教育実習コース】
日本語教育に関する知識はあるけれど、実際に教えることに不安を感じている方のための土曜日開講全6回のコースです。
受講料金 52,500円(授業料:50,000円、消費税:2,500円)
受講期間 18時間
コース内容 初級全般の指導項目の教え方を学びます。毎回教壇に立って授業を行います。全6回の実習のうち、外国人学生に対する実習が2回あります。

1.直接法による授業スタイル
2.文型導入から定着までの授業の流れ
3.外国人学生とのコミュニケーションの取り方
4.文型定着のための効果的な練習方法
同校で実際に授業をしている現役日本語教師が、現場の経験を交えわかりやすく指導します。

インターカルト日本語学校は何位?日本語教師講座がある学校BEST5

インターカルト日本語学校を利用した人からの評判

インターカルトの養成講座を受けて良かったことの1つは、素晴らしい講師陣と出会えたことです。日本語の成り立ちから、異文化のコミュニケーションまで多種にわたる授業で、日本語っておもしろい!と感じさせてくれました。もう1つは素晴らしい仲間に出会えたこと。海外で活躍する仲間も大勢いて卒業後もお互い刺激し合えることが多く、インターカルトを選んで本当に良かったと思っています。現在インターカルトで非常勤講師として働いていますが、様々な国の学生から多彩な文化を感じることもでき、その学生が成長していく様子を間近で見られる日本語教師は、とてもやりがいがあります。いつか日本語を教えた学生が日本語を使って活躍する場面が見られたらうれしいです。(20代:男性)

インターカルトの日本語教師養成講座を受けて、たくさんの講義の中で今一番役立っているのが、実習です。教案を作る際には、実習を思い出しながら、そのシーンや、その文型を使う意味、それを勉強して何ができるようになるのかを常に考えています。実習、講義でよく言われていた「教科書で教える」という言葉を忘れないように心がけています。現在、インターカルトの提携校であるベトナムサイゴンのスクールに勤務していますが、先輩先生方にアドバイスをいただきながら、様々なレベルの生徒を担当させてもらっています。ベトナム人のライフスタイルを知らないと、学生に身近な話題が考えられないなど、まだ手探りで大変なことも多いですが、毎日新しい発見がありとても充実しています。(20代:女性)

インターカルトの養成講座で学んだ中で文法が1番役に立っています。中学・高校の頃は文法と聞くだけで拒否反応が出るほど苦手だったのですが、日本語を教える上で、文法は一番大切なことだと実感しました。他言語では使い分けをしなかったり、逆に使い分けをする言葉がたくさんあるので、その違いを説明する上でとても役に立っています。インターカルトでは、知識を詰め込まれるのではなく、あたかも受講生たちが自ら発見していくような形で教えていただいたので、楽しみながら学習することができました。今、私が青年海外協力隊として赴任しているブラジルの日本語学校は、自分たちのルーツである日本人のアイデンティティを教えることが目的で作られているため、すべての生徒が積極的に勉強をしてくれるわけではありません。親に無理矢理通わせられているという人もおり、そういう人たちにいかに楽しく勉強をしてもらえるようになるか、という日本語を教える以前の課題にも取り組んでいるので、とてもやりがいがあり充実した毎日です。(30代:女性)

学校概要

会社名 株式会社インターカルト日本語学校
本社所在地 東京都台東区台東2-20-9
アクセス 都営大江戸線新御徒町駅より徒歩5分
JR御徒町駅・秋葉原駅より徒歩約10分
 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop