実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師講座がある学校カタログ » 資格の大原

資格の大原

振替出席制度などで自由なスケジューリングができる学校、資格の大原について調べました。日本語教師を養成するための各種コースとその評判を掲載しています。

日本語教師を育成する学校・資格の大原の特徴

簿記を始めとし、会計のプロフェッショナルを養成するための様々な講座を全国で展開する「資格の大原」。

グローバル化する現代において、高まる日本語教師のニーズに対応。
飯田橋校・新宿校の2校「日本語教師養成講座・420時間総合コース」が実施されています。

日本国内の日本語学校だけでなく、海外の日本語学校や海外青年協力隊・シニア海外ボランティアといったプロジェクトへ参加するなど、新しい自分を見つけたい方にもオススメの学校です。

講義を受ける学生からも、サポート体制について評判が良い印象を受けました。

資格の大原は何位?日本語教師講座がある学校BEST5

大原で学ぶ6つのポイント

資格の大原の画像(1)飯田橋・新宿のアクセス便利な2つの校舎による授業の振替出席制度。

(2)経験豊富な講師陣による丁寧な指導と質問もしやすい環境により、勉強がスムーズに進行。

(3)入学時に支払う入学金・受講料・教材費以外追加料金なしの安心の受講料設定。

(4)土曜のみ、午前中のみ、検定対策など自由度の高いスケジュール設計が可能。

(5)国内外の日本語学校への就職を親身にサポート。

(6)飯田橋校併設の日本語学校にて、より実践に近い環境で学習が可能。

資格の大原コース概要

講座名 【420時間総合コース】
受講料金 一般価格:514,000円(大学生協等割引価格:488,300円)
※大原グループの通学講座に初めて入学の場合、別途入学金6,000円(消費税込)が必要。
※上記受講料の他、申し込み時に教材費20,000円(消費税込)が必要。
受講期間 420時間
受講日程 土曜クラス[12ヶ月]
平日夜+土曜クラス[11ヶ月]
コース内容 420時間総合コースは、理論編、実践編、実習編の3つの独立したカリキュラムで構成されています。
日本語教師に必要な知識(理論)や教え方(実践)を学び、実際に教育実習を受けることで、日本語教師としての知識・技術を総合的に習得することができます。同コース修了者には、日本語教師の資格が与えられます。

理論編:全45回・180時間
日本語教師になるために必要な知識を習得します。

実践編:全45回・180時間
実際に日本語学校で使用されている日本語テキストを使って「どのようにして教えるのか」という観点から学びます。授業計画の元になる教案の作成が大きなテーマです。

実習編:全15回・60時間
この段階では、実習生が主体となり、少人数のグループに分かれて教室活動をしていきます。指導教官からの定期的な指導以外に、自宅、グループでの作業も発生します。
講座名 【420時間総合コース≪検定対策パック≫】
420時間総合コースを受講しながら無理のないスケジュールで日本語教育能力検定試験の合格を目指すことが出来ます。420時間総合コースと検定直前対策コースを別々に申し込むよりも、受講料がお得です。
受講料金 一般価格:574,000円(大学生協等割引価格:545,300円)
※大原グループの通学講座に初めて入学の場合、別途入学金6,000円(消費税込)が必要。
※別途、教材費:23,000円(消費税込)が必要。
受講期間 9~15ヶ月(最大24ヶ月間まで受講可)
コース内容 同コースは、理論編、実践編、実習編の3つの独立したカリキュラムに加え、検定対策も含まれています。
検定対策:基本演習(6回)・発展演習(6回)・直前対策(4回)
講座名 【検定試験合格コース】
初学者を対象に、日本語教育能力検定試験合格を目標としたコースです。
理論編で日本語教師になるために必要な基本的な知識を習得し、検定直前対策で本試験レベルの問題を解きながら必要な解答テクニックを身に付け、検定合格レベルの実力を養成します。
受講料金 一般価格:280,000円(大学生協等割引価格:266,000円)
※大原グループの通学講座に初めて入学の場合、別途入学金6,000円(消費税込)が必要。
※別途、教材費:13,500円(消費税込)が必要。
受講期間 6~7ヶ月(10月の検定試験まで)
コース内容 同コースは、理論編、検定対策の2つの独立したカリキュラムで構成されています。

資格の大原の利用者からの評判

長い間サラリーマンをしてきましたが、長く続けられる仕事を考えていた時に日本語教師という仕事に出会いました。これまでの仕事で海外経験があり、外国人との接触には慣れていたため、経験を活かせる仕事だと思ったこと、また国際交流の手助けがしたいと思ったのも動機の一つでした。大原を選んだのは、以前に簿記講座を受講したことがあったのと、講座説明会時の講師の先生のお話しがとても楽しかったからです。実際に入学してみて、大原の理論編・実践編・実習編の3段階のカリキュラムやコースデザインは、非常に効率的に知識を積み重ることができ、とても学習しやすかったです。クラスの雰囲気もとても良く、授業中の発言も活発で、良い影響を受けることができました。就職は、校内で閲覧できる就職情報に応募して、採用面接で大原の420時間総合コースを受講していることが信頼の決め手となり、採用が決まりました。大原の講座を受講したおかげで新しい環境に進むことができ、とても感謝しています。(40代:男性)

以前仕事で知り合った外国人の方と今でも交流があり、日本語教師という仕事に興味を持ちました。大原を選んだ決め手は、学校が通い易い所にある点と、受講料が良心的だったからです。授業は、大変でしたが、学べることも多く、とても楽しかったです。飯田橋校では実際の学習者が身近におり、授業見学できるのも為になりました。また、振替出席を希望したとき、スタッフの方が色々ご配慮くださりとても助かったのを覚えています。音声補講にはPDFもあり、とても便利名のも良かったです。日本語教師は何歳になっても働けるのがポイントの良い仕事だと思います。将来的には、学生だけではなく色々な年齢層・職種の方に日本語を教えてみたいです。(30代:女性)

会社員時代、日中交流の機会が多く、日本語を教えて欲しいと常々言われていましたが、どうせ教えるならきちんとした資格を取ってからと思い、大原での受講を決めました。大原の授業は少人数制で、講師が一人ひとりを気にかけてくれるため、質問もし易かったです。飯田橋と新宿で振替受講もできたので、よく利用させてもらいました。講座終了後も引き続き相談に乗ってくれたことも印象に残っています。 今後は、北京の大学で教壇に立つことが決まっており、1クラス20人を3クラス担当します。北京の大学で日本語を教えながら、大学院で日中広告業界の比較研究を行いたいと思っています。日本に帰国後は、日本の大学でも日本語を教えてみたいと考えています。(40代:男性)

学校概要

学校名 学校法人 大原学園
受講可能な
校舎
飯田橋校(月~土 /9:00~19:00 開校 )
新宿校(月~土 /9:00~19:00 開校 )
所在地 飯田橋校:東京都千代田区飯田橋4-4-6
新宿校:東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー25F
 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop