実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師講座がある学校カタログ » 新宿日本語学校

新宿日本語学校

理論・実践の両面が充実している、新宿日本語学校を調査しました。日本語教師養成講座の詳細(需要内容・料金)や卒業生からの評判をチェックしてまとめました。

日本語教師を育成する新宿日本語学校の特徴

新宿日本語学校の画像新宿日本語学校は1975年設立の、歴史ある日本語教育機関です。
同校の「日本語教師養成科」では、卒業後すぐに日本語教師として国内外の教室で活躍できるよう、理論面では基本的知識から本格的知識までを丁寧に教えるとともに、実践面でも充実した模擬授業(実習)を経験できる内容で授業を行っています。

コース修了後も研修制度等のバックアップ体制が整っており、海外提携校も数多いため希望者には海外派遣も行っています
また、同校は東京都認可の各種学校のため生徒は学校法人の学生として認められます。
JR等の交通学割も取得可能であり、経済面でのサポートも行き届いています。

新宿日本語学校は、多くの卒業生が国内外で日本語教師として活躍しているオススメの学校です。

日本語教師養成課が選ばれる8つのポイント

(1)「初めての日本語のための日本語文法」として国内外で高く評価される江副式教授法

(2)終了後すぐに教壇に立てる実力を養える充実のカリキュラム

(3)6ヵ月間有給研修生として実際にクラス担当をする研修制度(その後同校教師として採用される道や海外派遣制度も有)

(4)1人1台のコンピュータを使ったIT授業(教材作成に必要なソフトの使い方や教材の作成手法を学習)

(5)各種学校の正規課程であるため、交通機関の学生割引など各種割引制度が適用

(6)日本語学校併設という環境により現場を肌で感じることが可能

(7)豊富な実習体験(初級で45H、さらに中級・上級でも実習を通じて授業コントロールや教室運営についてのノウハウを身に着けることが可能 )

(8)定員が15名の少人数制できめ細かな指導、質問のしやすい環境

新宿日本語学校は何位?日本語教師講座がある学校BEST5

新宿日本語学校コース概要

講座名 【全期:1年/800時間コース】
本気で日本語教師を目指す人のための養成講座。実習を通して日本語を教える技術を身につけることができます。
受講料金 709,000円(入学金:20,000円、授業料:660,000円、教材費:29,000円)
受講期間 800時間
コース内容 前期課程で日本語教育に必要な基礎知識を学び、後期では前期に学んだことを活かしながら、実際に教壇に立てるようになるための実践授業を行います。
『日本語教員養成において必要とされる教育内容』(文化庁)に基づくカリキュラムとなっています。
(1)充実の800時間:理論~実習までを800時間をかけて行います。
(2)江副式教授法:江副式教授法での初級の教え方を身につけます。
(3)IT授業:フォトショップ・イラストレーター・インデザイン等のIT科目が充実。
講座名 【後期:6ヵ月/420時間コース】
日本語教育能力検定試験合格者・大学生・大学院生など、理論はもう学んだという方向けに、実習授業を中心とした教師養成科の後期課程を受講する実習訓練を行うコース。
受講料金 420時間
受講期間 379,000円(入学金:20,000円、授業料:330,000円、教材費:29,000円)
コース内容 実際に教壇に立てるようになるための実践授業中心のカリキュラムとなっています。
(1)江副式教授法:江副式教授法での初級の教え方を身につけます。
(2)レベル別実習:初級・中級・上級の実習を行います。
(3)豊富な実習:一人10回以上の豊富な実習により、教える技術を身につけます。
講座名 【春期・夏期集中講座】
校長江副隆秀氏による3日間の集中講座。日本語の構造から実際の教室活動まで、目から鱗のコース内容です。
受講料金 45,000円(教材費込み)※再受講の方向けの特別価格あり
受講期間 土日を含む3日間
1日目 13:30~16:20
2・3日目  9:10~16:10
コース内容 (1)江副式教授法概論
日本語の核について・日本語の助詞は二列・品詞と品詞構成語1・品詞と品詞構成語2等
(2)江副式教授法実践
アクション・日本語の動詞・カードを利用した教授法・漢字教育・実際の授業 等
講座名 【日本語教育能力検定試験 直前対策講座】
毎年10月に行われる日本語教育能力検定試験合格のための、当校養成科講師陣による集中講座。試験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ全てに対応しています。
受講料金 18,000円(教材費込み)※再受講の方向けの特別価格あり
受講期間 2日間
10:00~17:00td>
コース内容 (1)合否の分かれ目である「音声」の攻略法を演習を通して学びます。講師は、NHK『資格☆はばたく』日本語教育能力検定試験の回で講師を務めた世良時子先生です。
(2)膨大な範囲の中から、特に重要な項目をポイント整理。直前の総まとめに最適です。

日本語教師になれる学校BEST5(TOPページ)>>

新宿日本語学校の利用者からの評判

現在、新宿日本語学校の日本語教師養成科を修了し、有給研修生制度、非常勤講師を経て、現在は常勤講師として働いています。私は、この講座を受講するまで、教え方についてはもちろん、日本語そのものについても勉強したことがなかったのですが、養成講座の1年の間に、内容の濃い講義と数々の実習から多くのことを学びました。おかげで、養成講座終了後、すぐに研修生・非常勤講師として、教壇に立つことができたのです。非常勤講師の仕事の内容は、日本語の授業をはじめ、試験や教材の作成、進路相談、学校行事の企画と引率など様々。学生の様子や出席状況に気を配るのも大切な仕事で、気がかりな学生には、話を聞くようにしています。また、海外で行われる留学フェアに参加し、学校の案内や入学希望者との面接をすることも。大変なことも多々ありますが、様々な経験ができ、多くの学生と関わることができるので、毎日が楽しく、とてもやりがいがあります。皆さんも不安や迷いもあると思いますが、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいね!(20代:女性)

いつの日か海外で仕事をしてみたいと考えていた私。海外へのキャリアパスがあるということで、新宿日本語学校を選びました。講座を無事終了し、現在、香港で新宿日本語学校の提携校で日本語教師として働いていますが、日本語を教えるためには技術が必要であると心から実感。養成講座では、海外でも通用する日本語の教授技術をみっちり学ぶことができ、その経験は、現在大変役に立っています。今の学校の生徒は、真剣に日本語と向き合い、習得しようという熱意が高い学生が多く、香港での仕事、生活はとても充実しています。これから日本語教師を目指す皆さんも、決して夢をあきらめずに頑張ってください。(20代:女性)

新宿日本語学校の養成科を選んだ1番の理由は1年間かけて800時間、日本語教師という仕事についてじっくりと勉強できるからです。実習時間も豊富にあり、有給の研修制度までって、様々な経験を積むことができ、非常に魅力的でした。その甲斐も有、日本語教育能力検定試験にも合格することができたんです。現在、私は青年海外協力隊で大洋州にあるトンガという国で日本語教師をしています。日本語の授業をするだけでなく、配属先が高校であるため高校の一教師としても働いています。やんちゃな生徒が多く、悪戦苦闘の毎日ですが、新宿日本語学校で培った技術や経験を活かして、明るく楽しく、そして元気に日々の授業に取り組んでいます。(20代:男性)

学校概要

会社名 学校法人江副学園 新宿日本語学校
所在地 1号館:東京都新宿区高田馬場2-9-7
2号館:東京都新宿区高田馬場1-14-15
3号館:東京都新宿区西早稲田3-26-13
受講可能な
校舎
新宿日本語学校1号館・2号館・3号館
 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop