実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師講座がある学校カタログ » TCJ(東京中央日本語学院)

TCJ(東京中央日本語学院)

同じ学校で外国人留学生も学んでいる、東京中央日本語学院を調べました。日本語教師になるための講座の特徴や修了生からの評判を紹介します。

日本語教師を育成する学校・TCJ(東京中央日本語学院)の特徴

TCJ(東京中央日本語学院)の画像東京中央日本語学院(TCJ)は1988年の創立。
「教師による教育中心の運営」「多文化共生」というポリシーのもと、世界約40ヵ国から集まる外国人学生への日本語教育や日本語教師育成に力を注いだ学校運営を行ってきました。

その教育水準の高さと良心的な校風は、国内外の教育機関から高い評価を得ています
そしてグローバルな視野を持った、世界で活躍する多くの人材を育成しています。

日本語教師養成講座では「検定対応の理論コース」実践に即役立つ実技コース」そして「併設の外国人クラスでリアルな現場体験ができる教育実習」の三位一体カリキュラムで、「どこでも誰にでも教えられる」日本語のプロフェッショナルを育成。

同じ校舎で学ぶ外国人学生との距離が近く、日常的に国際交流ができるのも大きな特徴。
受講を開始したその日から、教育現場を近くに感じながらの本格的な交流ができると評判です。

もう1つ注目したいのが、TCJがハワイで実施している海外研修です。
高度な日本語教育が行われているハワイで20年以上の実績があり、そこで教育実習を行うことで日本では得られない貴重な経験をすることができます。

また、TCJには国内をはじめ海外からも様々な求人情報が寄せられています。
幅広い就職先の紹介や面接対策などの就職カウンセリングを修了前に行うなど、就職サポートにも力を入れています。

TCJは何位?日本語教師講座がある学校BEST5

TCJ(東京中央日本語学院)コース概要

講座名 【420時間コース】
日本語教師に必要な知識と技術をバランス良く学ぶコース。理論対策は日本語教育能力試験に対応しています。理論と実技で、どこの国でも教えられる力を身につけられます。さらに、修了すると日本語教師資格を取得できます。
受講料金 525,000円
受講期間 420時間
コース内容 (1)理論
日本語を外国語として教えるために必要な理論的フレームワークを分かりやすく指導。学ぶ範囲は音声、文法や日本語史など様々です。日本語教育能力検定試験にも対応しており、出題範囲が多岐にわたる検定試験の対策も効率良くできます。

(2)実技
初級~上級のどのレベルでも教えられる技術を学習。経験豊富な現役の教師が丁寧に指導するので、教壇経験がない方も安心して授業を受けられます。模擬授業を繰り返していくことで、すぐに現場に立てる技術を身につけられます。

(3)教育実習

理論・実技を学んだら、最終段階の教育実習です。TCJの外国人クラスで、本物の授業を経験します。授業の見学や教案の確認など準備の段階から丁寧なサポートがあります。
講座名 【理論対策コース】
受講料金 346,500円(入学金:31,500円、授業料:315,000円、教材費込)
受講期間 1年
コース内容 日本語教育能力検定試験にむけてじっくり勉強したい方にオススメのコースです。日本語を外国語として捉え直し、学習者の「なぜ?」に応えられる日本語教師を育てるため、日本語教師に必要な知識を効率良く学びます。学ぶ範囲は音声、文法や日本語史など様々です。日本語教育能力検定試験にも対応しています。
講座名 【実技ブラッシュアップコース】
受講料金 346,500円(入学金:31,500円、授業料:315,000円、教材費込)
受講期間 1年
コース内容 理論は自分で勉強したけれど、教壇経験がないという方にオススメのコースです。実技ブラッシュアップコースで学ぶのは、日本語で日本語を教える「直接法」。現役の教師が授業を行うので、教科書からは得られない教え方のポイントを学ぶことができます。修了時にはしっかりとした技術や日本語教師としての考え方が身につきます。TCJの修了生は、ティーチングスキルに定評があり、世界中で活躍しています。
講座名 【検定対策ゼミ】
受講料金 73,500円(授業料:73,500円、教材費込)
受講期間 全5回コース(検定試験前、9月中旬に開講)
コース内容 各科目の出題傾向とその対策をポイントをおさえ、効率良く勉強することができます。教材は担当講師が毎年の傾向と対策を研究し作り直したものを使用。範囲の広い検定試験もこれで効率良く勉強することができます。

TCJ(東京中央日本語学院)利用者からの評判

海外に住むことが決まったのと同時に、自分は現地で何ができるかを考えた時、以前から興味があり、将来的に長く続けることのできそうな日本語教師の道を志すことを決めました。せっかく目指すのですからプロの日本語教師になりたいと思ったので、実技と理論を学ぶためTCJの養成講座を選びました。授業では、実際に教壇に立つ先生から指導してもらえるので、普段の学生の授業のエピソードなどの紹介などもあり楽しく学習できました。模擬授業などでは声の出し方や動作など、丁寧に指導をして頂いたことを覚えています。現在は、香港の民間語学学校で非常勤講師として勤務しており、勤務形態はクラス、プライベート、企業派遣などで様々です。TCJで学んだことが今とても役に立っていて、本当に受講して良かったと思っています。(30代:女性)

学生の頃から日本語教師と言う職業に興味があり、社会人となってから海外で仕事をする機会を持って、日本語や日本の文化をもっと伝えていきたいという思いが芽生えたのがTCJを受講するきっかけでした。TCJを受講して良かったのは、日本語を勉強している現役の学生と接する機会が多かったことです。花見やBBQ等、学生と一緒に何かが出来る行事は楽しいだけではなく、講座で勉強したことを実践できるいい機会となりました。現在は、マレーシアのクアラルンプールにある語学学校で、学生から会社員までの様々な生徒に日本語を教えています。学生のほとんどがゼロレベルからのスタートで、週1回か2回勉強するだけなので上達のスピードも遅いですが、少しずつ話せるようになっていく生徒の姿を見ると、この仕事にとてもやりがいを感じています。(20代:女性)

もともと国際交流に興味がありました。高校時代に様々な国の方と接する機会を持ったことで、自分には日本や日本語に関する知識が足りないと感じ、何事もチャレンジと思い受講を決めました。TCJには様々な年間行事があり、それに参加することで交流の輪を広げるだけでなく、日本語教師の仕事を疑似体験できたことが大きな印象に残っています。実技が難しかったですが、日本語に関する新たな発見もあり、毎回楽しく受講することができました。現在交換留学生としてドイツに来ており、そこで現地の学生と互いに言語を教えあっています。学年ごとにレベルが違うので、TCJで習ったことがとても役に立っています。(20代:男性)

学校概要

会社名 株式会社東京中央日本語学院
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-17-1日本生命新宿西口ビル7階
アクセス 各線「新宿駅」より徒歩すぐ
 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop