実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師講座がある学校カタログ » 東京外語専門学校

東京外語専門学校

ホームルーム担任性が特徴の東京外語専門学校を紹介。日本語教師養成講座の授業内容や料金、修了生からの評判を集めてみました。

日本語教師を育成する東京外語専門学校の特徴

1976年の開校から35年の歴史を誇る東京外語専門学校。

東京外語専門学校の画像語学教育・職業教育を通して、異文化間の相互理解を促進する質の高いコミュニケーション能力を習得し、国際社会で活躍できる人材の育成に力を注いでいます

校舎は、見どころたくさんの東京の中心地・新宿に位置し、充実のスクールライフを実現することができます。

東京外語専門学校では、ホームルーム担任やキャリア支援室の先生方、さらには学務課職員が一致協力して学生達の生活指導全般、就職・進学・編入学などのカウンセリングにあたります。

進路についても、就職だけではなく大学編入や留学・ワーキングホリデー、短期留学などについても幅広く相談を受け付けています。

特に、同校では就職支援担当による「キャリア支援室」を設け、就職のサポートに力を入れています。
同校の生徒は、高校新卒者、大学・大学院や短期大学の卒業者・中途退学者、社会人経験者等様々な履歴を持った人達であり、就職に対する希望も十人十色。

どんな業界で(業種)、どんな仕事を(職種)、Uターン就職も含めてどこで(勤務地)などの希望を聞きながら随時個人面談を行い、就職活動を進めていくなどのきめ細かな対応で評判です。

東京外語専門学校は何位?日本語教師講座がある学校BEST5

東京外語専門学校コース概要

2012年10月に実施された日本語教育検定試験を東京外語専門学校の「日本語教師養成講座」の生徒が受けた結果、全国平均で28%の合格率のところ、86%の方が合格するという好成績を収めました。

また、日本語教師としての就職にも様々な企業と強いパイプや実績があり、これまで、就職希望者に対する就職の割合は100%を維持しています。

講座名 【日本語教師養成講座】
受講料金 総額:556,000円(登録料:10,000円+授業料:504,000円+教材費:42,000円)
※授業料は分納可
受講期間 420時間
開講時間帯 全日制:月~金(週5日)
授業時間帯:9:20~16:50
コース内容 日本語教師養成講座では、専門職(日本語教育)のトレーニングを実践的に行い、資格(日本語教育能力検定試験)を取得、就職(海外・国内)を決めていきます。

1.使える実習と理論の420時間

カリキュラムは平成21年度「日本語教育能力検定試験の改訂について」(日本国際教育支援機構)で発表されたシラバスに基づき構成。検定試験合格を目指しながら、最終的には実践力あっての理論を目標にして学習を進めます。

2.実技は充実の225時間
実習では日本語教育のベテランが、「教え方の近道」を体系づけて伝授。初級・中級日本語の教授法、作文・読解・会話・聴解・日本事情のスキル別指導法、ビジネスパーソンや年少者に対する指導法、教材の作り方、テストの作り方など、実技や演習を通して身につけます。
初級・中級の教壇実習は同校日本語科の留学生を対象に実施します。

3.異文化交流の最前線
日本語教育は異文化を最前線で体験できる仕事です。在学中にも、海外からの学生の集まる日本語科の授業見学、スポーツ大会・スピーチコンテスト・文化祭・校外学習などのイベントの補佐を通じて日本語教育の現場を疑似体験。また日常的に留学生とキャンパスを共にすることで、異文化コミュニケーションスキルを向上させることができます。

4.充実の就職支援体制
キャリアプランの授業で就職活動の進め方や履歴書・志望理由書の書き方を指導するほか、個人カウンセリングを通して希望の国で日本語教師としてのキャリアをスタートできるよう支援します。
目指す職種 日本語教師(国内/海外)、青年海外協力隊員(JICA)、日本語教育機関職員

日本語教師になれる学校BEST5(TOPページ)>>

東京外語専門学校の利用者からの評判

日本語教育能力検定試験合格を念頭に置いての講座受講でした。授業内容は検定試験を意識した内容で、過去問題にも触れる機会があり、常に目的意識をもって勉強をすることができました。 試験勉強で気をつけたのは単なる暗記作業にせず、内容をよく理解して自分の言葉で説明できるように心がけた点です。試験範囲が広いので苦手な分野を知り、優先順位をつけて勉強。ヒアリング問題は慣れが必要なので、繰り返し問題を解きました。試験前日にはたっぷり睡眠をとり、落ち着いて受験をすることができました。おかげで合格をすることができ、現在は念願の香港で働いています。 これからも成長できる教師を目指し、より良い授業を追い求めていきたいと思っています。(20代:女性)

大学卒業後、正社員として採用されることができず、3年ほどフリーターとして働いていました。その頃中国旅行をする中で、何か外国とかかわる仕事をして、海外で働きたい!という思いが募るように。兄弟からの紹介で、東京外語専門学校の日本語養成講座を知り、そこからこれまでの生涯でしたこともない位の猛勉強が始まりました。養成講座で特に印象に残っているのは実習です。先生やクラスメートからもらったコメントが次の実習の目標になり、授業を振り返って改善点を見つけ、次につなげることがより良い授業を行う上で大切であると実感しました。就職活動に際しては面接試験の前に指導を受ける機会があり、「なぜ日本語教師になりたいのか」の徹底的な自己分析と、それを口頭で表現する練習をすることができました。検定試験にも合格し、やればきちんと結果がでることを体感することができました。今後は世界に通用する日本語教師を目指したいと思います。(20代:男性)

大学時代に短期留学をした先で日本語の授業の見学やアシスタントをしたこともあり、自分も異文化交流をしながら活気のある授業をしてみたいと思い日本語教師を目指すことにしました。東京外語専門学校を選んだのは、朝から夕方まで一日しっかり勉強できる点と実習時間が多いから。特に模擬授業が多かったのは本当に身になったと実感しています。授業を重ねるごとに緊張も徐々に減っていくので、学習者の様子を冷静に観察できるようになりました。現在メキシコで日本語教師として働いています。毎日が目まぐるしく過ぎていき、とても大変な仕事ですが、やりがいがあって本当に楽しいです。自分自身の日本語の見直しや今まで意識すらしていなかった日本語の仕組み、文化事情も学んでいけるので、毎日新しい発見のある仕事でもあります。今後も、日本語教師をずっと続けていけたらと思っています。(20代:女性)

学校概要

学校名 学校法人 東京国際学園 東京外語専門学校
所在地 東京都新宿区西新宿7-3-8
アクセス 新宿駅から徒歩約7分
西武新宿駅から徒歩約4分
新宿西口駅から徒歩約2分
 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop