実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

日本語養成学校を卒業して、国内・海外等で外国人に日本語を教える人の体験談を集めました。

日本語を教えることを仕事にしている人の体験談集

60代・男性

機械修理師として台湾に海外赴任中、現地の人達に日本語を教えはじめたのが日本語教師になろうと思ったきっかけです。

機械修理師の仕事は人との関わりがあまりなく、人とのコミュニケーションが豊富で喜びや感動を感じることのできる日本語教師という仕事に大きな魅力を感じました。

定年退職を機に日本語教育能力検定試験に合格することを目標に養成講座に通い始め、420時間課程を修了。
受講中、講師の方が日本語教師として経験された実体験を元に、その場面に応じた対応方法を具体的に聞けたことは実務に役立つ内容でした。

学校に通って良かったと思うことのもう1点は、転職経験の無かった私に就職活動のやり方を1から教えてもらえたことでした。
その甲斐あって、中国での採用が決まりとても喜んでいます。

50代・女性

専業主婦だった私が一念発起して日本語教師を目指したのは、数年前のことです。
引っ込み思案で人見知りの私が今こうして教壇に立てているのは、生徒達の笑顔のおかげ。

いつも明るく積極的な彼らは、わからないことはストレートに質問してくれますし「わかった!」とパッと目を輝かせて「先生はいい先生です!」と言われると、本当に嬉しいです。そんな私の基礎を作ってくれたのが、日本語養成学校時代です。特に、日本語教育能力検定の直前対策講座では先生にみっちり教えていただき、受講から半年間猛勉強したことで、試験に合格することができました。

当時同じクラスで苦楽を供にした仲間との絆は今も変わりません。これからも、日本語の美しさ、やさしさを伝えるため、この仕事を頑張って行きたいと思います。

30代・女性

ホテルで仕事をしながらも、日本語教師に対する夢が捨てきれず、挑戦を決意。
まずは一から勉強をと思い、インターネットで学校を探して、受講内容も就職に対するサポート体制も整った大手の学校に通学することを決めました。

講義は、先生によって授業スタイルがまったく違いましたが、それもまた良い勉強になりました。先生方のレジュメは今でも授業準備のときに見直しています。
言語学の授業からも興味深いお話を伺えましたし、実習では教案チェックや、実際の授業など細かく指導していただきました。

大変だったのは就職活動の時。履歴書の書き方などの初歩的なことから不安がありましたが、専門のスタッフの方にきちんとサポートしていただけて、相談できる人がいるというのはとても心強いなと思いました。

現在、非常勤講師として日本語教師の仕事をしていますが、自分らしさを大切にしつつ、学習者と一緒に楽しむことのできる日本語教師になれるよう頑張りたいと思います。

20代・女性

大学3年次に就職活動が始まった時、自分がどんな仕事をやりたいのかわからなくなり、就職活動をストップ。
改めて自分を見つめ直す時間を持った中、旅行が好きで海外ボランティアもしたことがある私は、仕事を通じて海外とつながっていたい、という気持ちの芽生えに気づいたのです。

大学卒業後、4月に日本語養成学校に入学し、1年間の勉強が始まりました。先生方に教わった1番のことは「失敗してもとりあえずやってみる」という強さです。

失敗を前提にとにかく行動してみること。そこから発見できることがたくさんあるということが、現在の仕事にもとても活かされています。
日本語教師になるための就職活動では、台湾に就職することを目指して頑張りました。応募した台湾の日本語学校のうちの1校から面接の連絡がありスカイプで面接。正直自信が無かったのですが、何とその日の夜に内定のメールを頂くことができました。

将来は、教えた人たちの記憶に残る日本語教師になりたいです。そのためにも日本語の知識だけでなく、文化なども含めて大切なことを伝えられるように人間としても成長していきたいと思います。

30代・男性

日本語教師を目指して始めた養成講座の授業の中で、冒頭からいきなり練習問題を一人一問一答していくというスタイルの、当然予習してきていることありきで始まる空気に圧倒された記憶が今でも強く残っています。

この経験で勉強にも気合が入り、次回からはしっかり予習もするように。おかげで、現在晴れて日本語教師の仕事をできるようになりました。
養成講座で勉強して役立っているのは、講座内容はもちろんですが、特に思うのは「学生側の気持ち」です。

今「教師」をしていると、時に「だるかったり」「モチベーションが上がらなかったり」という学生側の気持ちを理解することがとても大切なことだと痛感しています。

久しぶりに「学生側」を体験できた420時間は、とても良い経験でした。学生はできる生徒ばかりとは限らないので、学生の状態に合わせて教えていける教師になれればと思います。

 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop