実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師になるための学校選び3か条 » 学校の通いやすさ

学校の通いやすさ

受講できる校舎の数や土日授業など、日本語教師を目指す人が学校の通いやすさを重視すべき理由を紹介します。

日本語教師学校は通いやすさが条件

日本語教師を目指す人の中には、様々な事情を抱えた人(ダブルスクールや家事との両立など)もいることでしょう。
ここで重要になるのが「学校への通いやすさ」です。

通学に便利で、受講者の状況に合わせたフレキシブルなサポートをしてくれる学校を選ぶのがオススメです。
下記に受講に便利な学校の条件をピックアップしましたので、参考にどうぞ。

(1)学校へのアクセスが便利

忙しい日々の合間を縫って授業に参加している人も多いため、校舎へのアクセスに時間がかからないことはとても重要です。
地域の受講者のニーズに合わせて柔軟な対応をしてくれる学校を選ぶと良いでしょう。

駅から近く電車の乗り降りがスムーズにできること、駅から離れている場合も、交通の便がよく、自動車通学に対応しているなどが条件になってくると思います。

(2)拠点が多い

拠点数の多い学校をオススメします。

例えばですが「ヒューマンアカデミー」では、全国北から南まで30の校舎で日本語教師養成講座を開いています。
「千駄ヶ谷日本語教育研究所」では、高田馬場と横浜で受講することができます。

複数の校舎を持つ学校では、急な転勤や引越しの際にも「転校」が可能となり、引き続き講座を受講することができるため万が一にも安心です。

(3)土日授業も実施

平日は仕事や学校等で講座に通う時間が作れない!そんな人には、土日に集中的に授業を行うコースを設定している学校が便利です。

カリキュラムの組み方によっては、土日のみの集中講義でも、短い期間で講座を終了させることも可能です。
ライフスタイルに合わせた、臨機応変なスケジュールを組める講座を用意してくれている学校は通い易いでしょう。

(4)振り替え制度の実施

体調不良や他の様々な事情によって、やむを得ず授業を欠席しなければならない場合もあるでしょう。

そういった場合に便利なのが、他のクラスや関連の学校で行える振り替え受講やDVD補講などのフォローシステムです。
授業の進行に遅れないようにするために、こういった制度は積極的に使うようにしましょう。

(5)休学制度

やむを得ない事情で受講が不可能になった場合、一定の期間休学して、自身の申請によって復学が可能となる制度を取り入れている学校があります。

とにかく通いやすいサポート体制がある日本語教師学校カタログ

 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop