実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師になるための学校選び3か条 » カリキュラムと講師の質

カリキュラムと講師の質

日本語教師講座が受けられる学校選びのポイントとして、カリキュラムと講師の質について解説。どような点に着目すべきかを分かりやすく説明しています。

日本語教師の講座は理論・実践のバランスで選ぶ

日本語教師の講座は理論・実践のバランスで選ぶ日本語教師養成講座の受講を決める際、良く検討してもらいたいのが各講座のカリキュラムの内容

教師を目指す多くの人が受講されるのが、文化庁指針の「420時間カリキュラム」に対応したコースです。
ですが、学校によっては理論に重きを置いていたり、実習に偏っていたりすることもあります。

初心者であれば特に、できる限り理論・実践ともバランスよく学べるカリキュラムを選ぶことをおすすめします。
というのも、日本語教師になるためには正しい日本語の知識を習得するだけではだめです。
同時に、学んだ知識を実際の指導場面でどう活かすのかを学習する必要があるからです。

例えばですが、ヒューマンアカデミーでは「日本語学系科目」「言語学系科目」「教授法系科目」といった3つの分野を平行して学習します。これにより、理論・実践の両方をバランスよく学ぶことが可能な内容となっています。

カリキュラム検討の際には、ぜひチェックしてみてください。

理論・実践をバランスよく学べるスクールBEST5≫

模擬授業の重要性

模擬授業の重要性即戦力で活躍するためには、模擬授業(実技)を繰り返し行い、現場力を養うことが欠かせません

日本語学校の教師採用試験では、模擬授業を求められることもあります。
そんな時に慌てないためにも、経験を積んでおくことは大変重要だと言えるでしょう。

可能であれば、外国人生徒を前にした本番さながらの模擬授業を行える体制が整っていると、より現場に近い状況が学べるので良いでしょう。
模擬授業の終了後には、担当講師やクラスメート同士で内容をフィードバックし合います。
立ち位置や板書の仕方など、細かいところまでしっかり振り返って次回に活かすよう復習することができます。

学校によっては、模擬授業の様子をビデオで撮影して、あとから良いところ悪いところを客観的に見直すVTR学習を取り入れているところもあるようですね。

講師は経験と実績のある日本語教師のプロであること

講座の指導を行う講師には、日本語教師の分野の第一線で活躍中であること。
あるいは、豊富な実績と経験値を持つプロフェッショナルが起用されていることが鍵です。
現場で講師が体験した内容を直接聞くことは、受講者のためになっていくのです。

そして、もう1点重要なのが講師のクラス担任としての資質です。
生徒一人一人の学習状況をきちんと見れるのと同時にクラス全体のことも考えながら授業を進行できること、知識や教授力があることはもちろん人間性も評価できる人物であることが求められます。

各学校のサイトには、講師陣の経歴やコメント等が掲載されているところもあるので、講師の実力も考えながら選ぶと良いでしょう。

 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop