実績で選ぶ!日本語教師になれる学校ランキング

No.1ヒューマンアカデミー内定率95.2%と就職に強い。日本語教師養成講座の約4割が海外で活躍し、現時点で43か国に広がっている。カリキュラムの40%が外国人への模擬授業のため、現場さながらの経験を可能。全国30拠点で受講できる通いやすさも◎。

No.2WEB講座などを活用し、受講者のライフスタイルに合わせた授業を設計できる。「教材作成演習」「少人数グループ指導実習」といった6つの教育実習から、生徒が学ぶ目的から選択受講することが可能。

No.3TCJ(東京中央日本語学院)日本語教育能力検定試験に対応した、効率の良い授業が特徴。外国人向けの日本語学校が併設されており、海外の留学生を相手に本物さながらの実技授業が経験できる。

HOME » 日本語教師になるための学校選び3か条 » 検定試験・就職内定の実績

検定試験・就職内定の実績

日本語教育能力検定に関するデータを調査しました。また、日本語教師として活躍するために知っておきたい情報を掲載しています。

就職に必須?日本語教育能力検定試験の合格を目指そう!

就職に必須?日本語教育能力検定試験の合格を目指そう!日本語教育能力検定試験」という検定は、専門家として基礎的水準に達しているかどうかの指標となります。
(日本語教師になるために必ず取らなければならない資格ではありません)

この試験に合格することは、就職活動でも大変有利となります
日本語教師として働くためのの第一歩とも言えるでしょう。

合格へ向けての勉強期間はその人の素養にもよりますが、おおよそ次のようになります。

教育機関の養成講座で基礎を付けた後、試験直前の約3ヶ月前から対策講座を受講して合格するというパターンが多いようです。
学校選びの際には、日本語教育能力検定試験の対策にも力を入れている学校を選ぶと良いでしょう。

日本語教育能力検定試験の概要

認定 社団法人日本語教育学会認定
試験日 年一回10月中旬の日曜日
試験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
受験料 10,600円(税込)
出願期間 6月中旬から8月上旬まで
合否結果 12月中旬、受験者全員に文書で通知。合格者には合格証書を交付。

[日本語教育能力検定試験内容]

日本語教育能力検定試験の合格率

試験の合格ラインは、その年度によって変動がありますが全体の70~80%の正答率が必要です。
合格者には同じ合格証書が送られてくるだけで、自分の点数を知ることはできません。

下記は平成22年度の受験者数と合格率です。近年は合格率が上昇傾向にあります。

受験者数:5,616人/合格者数:1,197人/合格率:21.3%

就職内定率の良さに着目!サポート体制について

学校選びの際には、講座修了後の進路も考え日本語教師になるためのパイプをたくさん持っているところを選ぶことが大切です。

日本国内や海外の日本語学校・大学をはじめ、企業への派遣、青年海外協力隊やボランティアなど日本語教師のニーズは様々
国内はもとより海外への就職実績が豊富にあり、常に多くの求人情報を揃えている学校は要チェックです。

資格&就職サポートが万全のスクールランキング

 

日本語教師講座がある学校カタログ

日本語教師になるための学校選び3か条

日本語教師になるには?知っておきたい2つのこと

学校を卒業して外国人に日本語を教える人の体験談集

※このサイトは、管理人が独自に集めた情報に基づいています。詳細や最新情報はリンク先の公式ページからご確認ください。

pagetop